Top > アロマテラピーとアロマセラピー

アロマテラピーとアロマセラピー


真正ラベンダー10mlアロマオイル/エッセンシャルオイル/精油

 

アロマテラピーは、時にアロマセラピーともよばれます。これはどっちが正しいの?と思われるかもしれませんが、アロマテラピーはフランス語風の読み方で、アロマセラピーは英語風の読み方なんです。

一般的にこういった自然療法は、「セラピー」と英語風によばれることが多いのですが、アロマテラピーが日本に最初に紹介されたとき、フランス式の方法だったために「テラピー」で定着し、その後、イギリス式の方法も紹介されるようになり、両方の呼び方が使われるようになったようです。

というと、フランス式を「アロマテラピー」といって、イギリス式を「アロマセラピー」というようによび分けると思われるかもしれませんが、そういうわけでもありません。確かに、中には私がやっているのはフランス式だから「アロマテラピー」であって「セラピー」じゃないわ。という方もいらっしゃるかもしれませんが、特に分けることなく使っている方がほとんどです。

では、フランス式、イギリス式って何が違うの?というと、フランス式では医療の現場で用いられることが多く、薬局などで処方箋によって処方されます。どの精油にどんな成分が入っていて、それによってどんな作用があるのか、といった作用重視で用いられるのがフランス式です。一方、イギリス式は、作用よりも香りを楽しむことにより心身をともに健やかにしていくことを重視し、医療よりは美容の面での使用や、香り自体に目を向けます。日本では、医療現場で精油が使われることはほとんどありませんので、どちらかといえばイギリス式が現在は普及しているといえます。

 

 サプリメントの効用  お肌のケア  薄毛の悩み
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
アロマテラピーとは(2009年7月30日)
アロマテラピーとアロマセラピー(2009年7月30日)
和のアロマテラピー(2009年7月30日)
アロマテラピーでお掃除(2009年7月30日)